巨額粉飾

単行本でも買って読んでいたけど、またよみたくなったので、文庫本を購入。
以前に読んだときよりも、会社での立場も変わり、ちょっと他人事ではなくなりつつある。

一度、粉飾すると抜け出せなくなる怖さ。


★★★★★

巨額粉飾 (新潮文庫)

巨額粉飾 (新潮文庫)

集団左遷

う〜ん。

読後感が悪すぎる。

 

企業小説としては、池井戸潤氏の痛快なものを期待し過ぎたか。

 

それにしても、想定外の結末と、適当な終わり方だな。

 

★☆☆☆☆

 

集団左遷 (講談社文庫)

集団左遷 (講談社文庫)

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

Amazonで買おうかと思っていた本。
会社の研修に参加したら、講師の方が著者の方でびっくり。
おまけに研修中に本書をもらって、さらにびっくり。

綺麗事の能力(ブライトスキル)だけで世の中は渡っていけない。
うまいこと仕事を回すために、腹黒いところも必要というもの。

そのとおり。という感じ。

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

Passat Varian B8 初めての車検

Passat Variant B8も丸3年経過し、初めての車検を通した。

念のために早めにバッテリーも交換して、約20万円也。
想定の範囲内

代車で貸してもらったNew Poloをもう少し乗ってみたかったが、あいにくの雪で断念。
乗りやすいサイズだった。

f:id:naruhito_t:20190210195611p:plain
New Polo

去就: 隠蔽捜査6

竜崎署長の一貫性に強く感銘を受けるものの、
少し飽きてきた感もあるなぁ...。

★★★★☆

去就: 隠蔽捜査6 (新潮文庫)

去就: 隠蔽捜査6 (新潮文庫)

起業闘争

1980年代にこのようなことがあったとは。
自分がIT企業を意識する随分と前から、ITシステムが将来大きくなると感じて
IHIをスピンアウトして、起業する気持ちは尊敬に値する。